Trouble
眼科疾患
form
Appointment
ご予約のご案内


パソコン・携帯電話から眼科診療、コンタクトレンズ処方、検査
24時間予約受付中!
予約は こちら
パソコン、携帯からのご予約は翌日以降の受付となります。当日の受診をご希望の方は電話にてご予約ください。
*ご予約は人数制限をさせていただいておりますのでお早めにお願いいたします。なお、完全予約制ではございませんので、予約をしていらっしゃらない方でも診察いたします。


千秋ひろこうじ眼科医院インフォメーション
Information
ご案内
アレルギー性結膜炎
花粉、ハウスダストなどさまざまな原因で眼のかゆみ、めやに、
充血等の症状をおこします。古くなったコンタクトレンズが原因
になることもあります。
巨大乳頭結膜炎
流行性角結膜炎
 
 
アデノウイルスの感染により発症します。別名「はやり目」といい、感染力が強いので症状がある間は学校をお休みします。当院では他の方への感染を防ぐため、別室での診察をおこなっておりますので、めやにが多い方は受付時におっしゃってください。
 
結膜が充血し、腫れます
     
ドライアイ
 
 
涙の量が少ない、もしくは涙の油成分が少なく蒸発しやすいために眼の表面に傷ができ、ゴロゴロする、充血などの症状がおこります。コンタクトレンズ装用、パソコン作業、エアコンなどの環境によっておこりやすいため、当院ではドライアイのチェックを行い、その原因に応じたアドバイスをさせて頂いております。
 
黒目に傷ができます
 
コンタクトレンズによる眼障害
 
コンタクトレンズが眼にかける負担は大きいです。慢性的な酸素不足による新生血管、内皮細胞の減少は自覚症状のないうちに進行することがあります。定期的に診察を受けて下さい。
内皮細胞とは
 
白内障
 
眼の水晶体という部分が濁り、視力低下、光がまぶしくなるなどの症状が出ます。当院ではご希望があれば点眼薬を処方し、必要に応じて手術のできる医療機関への紹介を行います。
見え方チェック
 
 
飛蚊症
 
 
黒い点や薄い濁りが視野の中にちらちら見える症状を飛蚊症といいます。眼の中には透明なゼリー状の硝子体というものがあり、その中に濁りが出ることで発生します。問題のないものが多いですが、まれに網膜裂孔、出血、炎症に伴っておこることがあるため、瞳孔を開く目薬を使い眼底検査を行います。
 
 
 
糖尿病網膜症
 
 
高血糖のために網膜の血管がつまり、出血をおこしたり、視神経障害による視力低下をおこしたりする病気です。自覚症状のない初期から定期的に検査を受け、適切な時期に治療することにより視力障害を予防できます。
 
 
 
緑内障
 
 
視神経が障害され、視野が狭くなる病気です。眼が痛い、かすむなどの自覚症状がでるタイプの緑内障もありますが、慢性の緑内障では自覚症状が出にくく、気づいたときにはすでに病気が進行していることがあります。早期発見、早期治療が重要です。当院では眼圧、前眼部〜眼底検査に加え、片眼約 45 秒で測定できるFDT視野計を導入し、緑内障の早期発見に努めております。
視野について  FDT視野検査について
 
 
 
加齢黄斑変性
 
 
網膜のものを見る中心(黄斑部)が変性し、出血、萎縮などをおこします。初期症状として視力低下(中心がみえにくい)、ゆがみなどがあげられます。
目の健康チェック
 
       
       
       

Copyright(C) Senshu-Hirokouji Optical Clinic All rights reserved